面接でアスペルガーを見分けようと思った

私は人には寛容なほうです。なぜなら自分自身が欠点の多い人間なので、ついうっかり「やらかしちゃう」人の気持ちがよくわかるからです。それで今まで、数々の失敗を繰り返し、親に怒られてばかりだった私には、他人の失敗や不可解な行動を感情的に責めたてることはできないし、忌諱することも嫌悪することもできないのです。多少、変でも変わっていても、愛し、理解し、認めてあげることで、小さい頃、親からそうされたかった自分自身を相手に投影しているのかもしれません。

 

ですが、一課一部門の利益と未来がかかっている面接でそれをやっていると、結果的にあとで大変なことになるのだと、つくづく思い知らされました。もちろん、甘い気持ちで臨んだことは一度もありません。お客様対応のある仕事なので、うまく自己表現できなかったり、スムーズな意思疎通やコミュニケーション能力に難を感じる人は、それなりにはじいてきました。けれど、人を育てたり、人にわかりやすく物事を教えるのが昔から得意だった私は、どんな新人さんが来ても、今まで、たいてい、何とかなったので、多少癖のある人が目の前に座っても、私と普通に話ができさえすれば、「誠意と愛情を持って育てれば何とかなるだろう」と暗に感じ取ってしまい、減点方式で一定の疑いを持ちながら人を量るなどという気持ちは全くありませんでした。

 

ところが、仕事の現場に混ざり込んでいるアスペルガーの人達というのは、(特に男性は)それなりに弁が立ち、一見、意思疎通がスムーズで学歴も高く、キャリアもいいし、難しい資格なんかも持っているし、礼儀正しく知的で真面目そうに見えるので、そういった知識がない状態で、普通に言葉を交わしているだけでは、本当に見極めがつかないんですよね。そもそも前回のブログに書いた那智くんだって、有数の進学校を出て旧国立一期校の大学を卒業をしているのですから、履歴書の上では非常にポイント高いですよ。しかもキャラ自体は大変真面目で誠実なので、この人があれだけ仕事ができないなんて、誰も想像できないですよ。今思えば、アスペルガーの人は、他人の気持ちは的確に読めませんが、押しなべて記憶力がよく、かつ意志が強く、言葉や会話と言った消えて流れる音声情報にはメチャメチャ弱いけど、文字という固定情報には滅法強いので、テストでは高得点を取りやすいし、難関高や難関大学も突破しやすいのだと思います。余談ですが、弁護士って、(私の周りでは)不合格を重ねた末に苦労して資格を取った人ほど周囲の評判もよく、顧客満足度も高いですよね。それもまた、難関試験をやすやすとクリアできるような人は、何かが欠落しているゆえのクレバーさなのでは?と思ったりします。

 

さて、アスペルガー。ですよ。

 

ここは何が何でも事前に見抜いて、絶対に職場に入れない、という強い気持ちで立ち向かわなければならないのですが(アスペルガーの皆さん、ごめんなさい。職場のため、です)、30分やせいぜい長くても1時間という短い面接時間の中で、いったいどうやって見極めたらよいのでしょう。取りあえず私は、今までNGだった人達の面接時のことをよく思い出して、少しでも共通点を見つけようとしました。本当は「この行動があれば、決まり!」みたいなルールやセオリーを自分なりに確立したかったのですが、それは一朝一夕で、できるものではありませんでした。

 

那智くんの場合は、現場に不似合な学術書を山のように買い込んで「この中でどれを勉強したらよいのでしょうか?」と私に尋ねたり、研修が終わってもなかなか帰らず、かといって私に用事があるわけでもない、と、いった、”やりにくさ”をすごく感じたので、相手と話をしていて困惑したり、”やりにくさ”を感じたら、グレーのフラグを立てることにしました。

 

それから、こちらの意図を解せず、質問に対して、聞きたかったことと全く違う、見当はずれな回答が返ってきたときも、黄色信号を点滅させることにしました。今までの私は、そんなときには、「私の言い方が悪くて、主旨が伝わらなかったのだ」と思い、もう一度、言葉を変えて言い直したりしていました。でも私は、利己的で自分優先の人になることにしました。「この質問の意味がわからないのは、相手の方が悪い」と思うことにしたんです。考えてみたら、職場の人や友人達とおしゃべりをしていて、自分の話の意図が著しく曲解されたということは今までほとんどありません。私はもっと自分を信じ、自分を中心にして、自分の感覚ベースで物事を判断してもよいのではないか、と思いました。

 

過去に、「前職で得たあなたの強みはなんですか?」という質問をしたら、ニコリともせず大真面目に「パスタの茹で方ですかね」と答えた人がいました。今までの私なら、回答としてはそれもアリ、と思ったことでしょう。だって、決して間違いではないもの。けれど、考えてみてください。皆さんならその質問をどうとらえますか?面接ですよ?そして私達の業務は飲食店ではありません。こんなとき、普通は、協調性とか、時間管理とか、仕事を進めていく上で必要なビジネススキルを告げたりしませんか?自分が採用されるかどうかの評価を受ける場ですもの、少しでも採用にアドバンテージのある文言を考えて話すと思うんですよね。それを「パスタの茹で方ですかね」と、これからの仕事に何の関係もないことを当然のように話すのは、変じゃないですか?少なくともその発想は私にはありません。

 

もし変じゃなかったとしても、自分がジャッジされている場では、できるだけ採用に有利な内容を話すのが人情だと思うんです。しかし、それをしない、またはできないというのは、相手に合わせた演技や自己演出ができないということでもあり、お客様対応には向かないですよね。または、状況を判断する知恵がなく、機転も利かない人かもしれません。なのでこの方は(他にも気になるやりとりがいくつかあったので)不採用にしました。ちょっとでも、不安を感じたら採用しない。私は面接では、性悪説の人になりました。

 

今回はそれともうひとつ。

 

”後からNG”の合格者の多くに共通している項目が見つかりました。それは、履歴書の長所欄に「意志が強い」「決めたら最後までやり遂げる」などと書いてあることです。これも当初は好感を持って受け取っていました。ですが、それって、裏を返せば融通が利かないということでもありますよね。それに、このブログをお読みの皆さんは履歴書の長所欄に「決めたら最後までやり遂げる」って書けますか?私にはそんな自信もないし、新たな業務で何が待ち受けているかわからないし、とても怖くてそんな事、書けませんよ。それに、そう書いた結果として、とんでもない仕事を任されたら嫌だ、という不安もあります。なのに、そう書いて来る人は、やっぱりこだわりが強くて頑固で柔軟性がなく、人を相手にする商売なのにその場に応じて臨機応援に立ち回れず、しかも文言の強さとは裏腹に、メンタルの弱い人が多くて、これもNGワードだな、と、思いました。

 

その後、私は、自分なりに、勝手に色々な法則を思いついていくのですが、それはまた、次の機会に譲ることにします。

 

 

4 thoughts on “面接でアスペルガーを見分けようと思った

  1. なかい says:

    初めまして。私も近々新卒の面接に参加する予定のため、検索していてここにお邪魔しました。
    去年大卒の新人が、来たのですが初日から、居眠りしたり、簡単な作業しかできず理解力も低くとても困りました。私も、自分の説明の仕方が悪いのかと、言い方を変えたり様々の努力を、しましたが良い結果にはならず。その子はパターンで、覚えるといってました。理解をするのではなくパターンで覚えると。まさにその子の身上書の長所には、最後までやりとげる。と書いてありました!当てはまります。結局その子は一年経っても一つの簡単な作業しかできず、異動しました。今度は、失敗できません。今回は二度職場実習に来た学生ですが、実習中は可もなく不可もなくな感じでした。会話も通じないこともないし言われた事はやります。不安なのは、漢字の誤字脱字が多いことと、文章のまとめ方がいまいちなとこです。とりあえず面接で質問して最終判断をしたいと思います。

    • peer peer says:

      >なかい さん
      管理人です。コメントをありがとうございます。仕事に不向きな人を採用してしまうと、本当にあれこれと辛いものがありますよね。私が採用面接に関わっていた時は、最終的に、その人の能力は全く重要視しなくなり、アスペルガー傾向の有無だけを最重要視して見るようになってしまいました。厳しい表現になってしまいますが、優秀でなくても、発達障害の傾向さえなければ、問題はない、とまで思うようになったからです。漢字の誤字・脱字や文章のまとめ方のうまい・下手は、自分の経験ではそれだけでは、あまり問題が無いように感じますが、これがまた、よくわからないんですよね・・・1対1のときではなく集団内での行動に着目して、「ん?」と違和感を感じることがあるかないか?も大事だと思いますよ。

      • なかい says:

        コメントありがとうございます。
        確かに上を見たらキリがないので、普通に会話が通じるだけで良しとは思ってはいるんですけどね。今回は??って所は無かったので。
        確かに前回は、?ん??って思うことは初日からありました。こればかりは…
        実際に関わりを持った方でしか理解は難しいですよね。
        熱心に指導しても側から見るとパワハラとみられる可能性もあるし…実際、プチトラウマになってて新卒者が怖いのですが、最後はもう直感で決めようかと思います(笑)

        • peer peer says:

          >なかい さん
          ですよね、失敗しちゃうと、怖くて仕方ないですよ^^現場の批判も相当なものだし・・・でも、私も、「今思えば、あれ?と思うことは確かにあったな」それを温かい目で見て理解してしまう自分の思考の癖にも、原因があったのかな?などと思うようになりました。人選、頑張ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です