履歴書を封筒から全部出さずに顔写真だけ見て決める社長

時代はかなり飛びますが、
前の会社を辞めてから半年ぐらい、
私はある社長さんの下で、
アルバイトをしました。

保険会社の元支社長で、知人の元上司。
その人が退職して一人で会社をつくったばかりだったので、
そのオフィスで事務のお手伝いをしたのです。

と言っても、最初から半年の約束だったので、
社長は私の代わりになる人の求人を、
ハローワークに出しました。

社長はそれまでの経験で、
若い女性よりも主婦(ミセス)のほうが、
機転も利いて仕事もできることを知っており、
起業したばかりで予算もないことから、
10:00~16:00で事務パート募集という求人にしたところ、
たちまち履歴書が毎日何通も送られてくるようになりました。

前職で募集と採用に大いに苦労してきた私は、
こんな一人社長の小さなオフィスに、
これだけの応募があることに驚きました。
またたく間に50通ぐらい来たと思います。

けれど、もっとびっくりしたのは、
社長が届いた履歴書を、きちんと見ようとしないことでした。

社長は履歴書の封を開けると、
封筒から用紙を10cmぐらいだけ出して、
顔写真だけを見ると、その場で「はい、ダメ」と言って、
私に渡すのです。

「あの・・・中は見ないんですか?」

見る必要はないのだそうです。
顔を見れば、だいたいわかるのだそうです。

ま、男性なので、できれば好みの顔立ちの人と
仕事したいという気持ちもあるのだと思いますが、
そんな気持ちで選んでいる様子は感じませんでした。
純粋に顔だけ見て、瞬時に判断していたようです。

ですが、履歴書の顔写真というのは、
不本意に撮れてしまうことだってありますよね。
会ってみたら、全然雰囲気の違う人だった、ということも、
前職で何度も経験しました。

なので、「本当にいいんですか?」
「中まで読んだほうがよくないですか?」と何度も言いましたが、
社長は「その人のすべてが顔に出る」という持論を崩すことはなく、
50人もの応募があったのに、履歴書を取り出して中を見たのは、
わずか二人でした。

そこから一人を採用しましたが、その方はご家族の都合で、
入ってすぐにお休みが数日続き、
それに怒った社長は、自分から、
「もう来なくていい」と、早々に断ってしまいました。

それにも私は驚きました。
主婦を採用するからには、そういうこともあると思います。
何よりも、優秀な方だったので、非常にもったいないと思いました。

ご縁があってこのブログをお読みの方にお伝えしたいのは、
「履歴書の写真が皆さんが思う以上に大事」
「一人社長の小さな会社は、社長の価値観がすべて」
「家族の病気という理由でも許容されない場合がある」
この3点でしょうか。

規則もルールもコンプライアンスも守られている、
大きな会社の方にはなかなか想像できないかもしれませんが、
小さな会社というのは、そんなものです。

そういった意味ではむしろ、前職で担当していた、
派遣スタッフ達のほうが、ずっと恵まれていて、
法や制度に守られた仕事ぶりだったと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です