仲よしの職場で争いの火種はただひとつ「辞める順番」

食品・食材の宅配会社をなかなか辞められなかったのは、
辞めたい人が多すぎて、
「退職は1グループ、1か月で一人」と、
上から言われていたから。

これもまた、グレーと言うかブラックと言うか、
今なら労基署に通報されちゃうんじゃないか?
という感じですよね。

ですが、20年ぐらい前には、
こういうことも、まかり通っていました。

退職希望者の退職を簡単に許可しちゃうと、
50人の営業所で残るのはリーダー数名と、
生活が苦しい母子家庭の人達と、
あとは、よく悪くも馬耳東風の、
一部のマイペースな人達ぐらいで、
たぶん、10人ちょっとぐらいだと思います。

女性だけの営業所でしたが、
どの人も、カラっとして元気で明るく、
気持ちのいい同僚達で、
私達はとても仲が良かったのですが、
こと、退職に関してだけは、
いつも揉めるんですよ。

だって、退職が許可されるのは、
一か月、グループで一人、ですから、
「あたしが先、あたしが先」と、
いつもそこだけは、衝突の火種になっていたのです。

私だって、すぐにでも辞めたいのですが、
そんなに気の強いほうでもないので、
誰かを裏切ったり、出し抜いて辞めたりすることは、
あまりしたいと思いませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です