[ヒストリー] 現場で求められる人材を会社が派遣してくれない

今から15年前、私は派遣会社に勤めていました。

と言っても、派遣会社のオフィスに通勤するのではなく、
普段の職場は派遣先のほうです。
そこはプロバイダーのコールセンターで、
多くの派遣会社のスタッフが大勢働いており、
私はそこで自社スタッフが働くある部門の統括リーダーでした。

最初は数名でスタートしたその部門も、
インターネットの普及と共に段々規模が拡大して、
増員に次ぐ増員で、常に人を募集している状態だったのですが、
会社が人選して現場に派遣してくるスタッフのスキルに、
私は大いに不満がありました。

それというのも、会社のコーディネーター達は、
PCを使う仕事だという理由で、
Microsoft Office系資格を持っている人や、
cad経験のある人などを派遣してよこすのですが、
この人たちが、全然使えません。

PCのスキルとネットのスキルは違うんです。

それに、会社のオフィスでPCを使っている人たちは、
自分で接続設定をするわけでもなく、
メールの設定は誰かがやってくれているわけだし、
ネットをするうえで、何かに困ったことがないし、
もし万が一困ることがあったとしても、
それでは業務に差し支えるので、
社内の詳しい誰が、さっさと解決してくれるでしょう。

だから、会社でいくらPCに精通していても、
プロバイダーで働くうえでは、
ちっとも有利なスキルにならないんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です