[ヒストリー] 仕事している人より遊んでいる人に来て欲しい

私は法人部門が担当でした。

そのため、お問い合わせの電話は、
お客様の会社でシステムを担当している人や、
小さな企業さんだと、社内でちょっと詳しい人。
大きな企業さんだと、ベンダーさんから電話が入ります。

ほとんどが男性でしたが、彼らは”詳しい人達”です。

どんな仕事でも慣れるまでには相応の時間が必要ですが、
プロバイダーのコールセンターの法人部門というのは、
どんなに入ったばかりの新人さんでも、
そういう人達と対応していなくてはならないのです。

だから、それまで会社の中で、
WordやExcelを使いこなしてきた達人であっても、
会社という環境の中でだけ、ネットを使ってきた人はダメね。
だって会社の中では、ネット利用で困る、ということがないもん。

そうではなく、私は希望したのは、
自宅にPCがあって、ネットで遊んでいるような人でした。

当時、2チャンネルも検索のGoogleも登場したばかりで、
知っている人は限られましたが、
だからこそ、2チャンネルやGoogleを知っている人に、
来て欲しかったのです。

または、(当時はブログというものはまだなかった)
人のホームページの掲示板に何か書き込んだことがあるとか、
オークション経験があるとか、楽天で買い物をしたことがあるとか、
そういう人を派遣してほしい、と何度も会社に伝えたのですが、
コーディネーター達が、そもそもそういった経験がないので、
よくわからないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です