退職を決めた理由は主力商品以外の販売ノルマ

1990年代の半ばに勤めていた食品・食材宅配会社ですが、
会社が社員にかける負荷とプレッシャーが段々高くなってきて、
さすがに精神的に辛くなってきました。

たとえば、当時、普及しつつあったPHSの新規契約を、
絶対一人3本(達成必須)とか、
LCR(自動電話会社選択装置)を必ず一人3件とか、
食品・食材以外のキャンペーンが増えてきました。

会社が「必ず」とか「必須」とか言ってくるときには、
リーダーさん(会社は全員女性)達から
一人一人にかけられる圧力も半端ないので、
だいたい、みんな早々にあきらめて、
PHSは自己契約して、
LCR(これは無料だったからいいけど。たぶん。)を自宅に入れて。

だから、私が今も使い続けているPHSは、
そのときに契約したものです。
比較的早いうちからのユーザーだったのはそのためです。

なのでアドレスのドメインがpdx.ne.jpであることを、
少し誇りに思っていましたが、
残念ながら、今はwillcom.comです。

ですが、このときにPHS契約をしたお蔭で、
この4年後に、少しだけ有利なことがありました。

これらは要するに、会社が
DDIポケットの代理店になったからなのですが、
あとは・・・7000円もする福島の桃の箱詰めとか、
お中元・お歳暮・おせちの3大キャンペーン以外にも、
「いつまでにこれを何個」といった、
イレギュラーな販売がとても多くなってきました。

この仕事は、普段のノルマだけでも大変なのに、
夏や冬や、お中元・お歳暮・おせちの3大キャンペーンがあり、
この時期、私達社員は本当に疲弊します。

それに加えて、次から次へと登場する販売品に、
さすがの私も「もう、いいかな」と思いました。

それと、退職を決意したのは、
もうひとつ、大きな理由がありました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です