[ヒストリー] 配達という名の営業

私はそれまで、家の近くの部品工場で働いていました。
いわゆる町工場ではなく、大手メーカーの工場です。

そしてその前は、食材配達の仕事をしていました。

配達から工場に転職したのは、
時間が固定であるにも関わらず、
時給がそこそこよくて、
月収があまり変わらなかったからです。

食材配達と言えば、配送専門と思われがちですが、
実際は、自分で配達する商品は、
自分で注文を取って歩かなければならず、
毎週のノルマがあったり、
売れ残りは買い取らなければいけない、
季節季節のキャンペーン商品があったりして、
仕事はそれなりに大変でした。

また、変な連帯責任の慣習があり、
グループで目標額を達成できないときは、
全員が夜の9時10時まで残って電話かけをするため、
募集広告上の定時は10:00~16:00なのですが、
実態は多くの人達が毎晩遅くまで残っている、
定時ではとても帰れない雰囲気の会社でした。

今なら、完全にブラックですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です